【英語】独学でリスニング上達|おすすめ勉強法を5ステップで解説!

英語学習者

リスニングが苦手だ…TOEICも毎回リスニングパートで点落とすし。勉強法を教えてほしい!

リスニング上達のためには、正しい勉強法を、正しいステップで踏んでいく必要があります。

当記事では、TOEICリスニング満点を取得し、海外ドラマを英語で見るぼくが、3年間で実践してきたリスニング勉強法を全てシェアします。

この記事だけで、初級から上級レベルまでステップアップできるよう解説してます。勉強法は①→⑤の順に実践して下さい。

谷村

こんな方に読んでほしい記事
▶︎リスニングを上達させたい。
▶︎TOEICで800点以上を取りたい。
▶︎英会話をもっとスムーズに進めたい。

阪大院生の猫

ぼくも受験生の頃から英語の勉強してるのに、いまだにリスニング苦手なんだよなあ。ぜひ参考にさせてもらうよ。

リスニング上達には逆効果!やってはいけない3つの勉強法

まず、リスニングを上達させるためには、以下の順序で勉強を進める必要があります。

谷村

リスニングを上達させる3ステップ
❶「暗記」単語・フレーズをインプット。
❷「精聴」1語1語をじっくり聴く。
❸「多聴」たくさんの英語に触れる。

最初に、最低限の英単語・フレーズを暗記しましょう。初級レベルの表現を知っておかないと、英語を「聞き取る」練習になりません。

その次に「精聴」に進みます。同じ音声をくり返し聴き、自信を持って聞き取れる単語・フレーズを徐々に増やしていきましょう。

原則として、多聴は1番最後にやるトレーニング。なので下記のような勉強法は、リスニング初心者は避けるべきです。

谷村

やってはいけないリスニング勉強法

  • 英語をひたすら聞き流す。
  • 難易度の高い教材を使う。
  • 再生速度を速めて聞く。

英語学習者

なるほどね。「多聴」は1番最後のステップだから、初心者が「聞き流し」しても意味ないのはよくわかるよ。でも再生速度を速めるのもダメなの?
ぼくも「速い英語に慣れておこう」と思ってやってたたけど、高速再生すると適当に聞く癖がついてしまって逆効果だった。

谷村

リスニング初心者に必要なのは、英語の音に慣れること。音の繋がりや、発音・イントネーションの強弱を、頭で理解することです。

なのでまずは難易度が易しく、スピードが速すぎない英語を選び、1語1語をじっくり聞き取る精聴トレーニングに徹しましょう。

英語学習者

わかった。最初は「聞く」より「聴く」にフォーカスするってことだね。ぼくもこの3ステップはしっかり頭に入れとくよ。
ありがとう。じゃあこれから、おすすめのリスニング勉強法をステップごとに解説するね。

谷村

ステップ① ディクテーションする

リスニング最初の関門である「精聴」をこなす上で、1番効果的な勉強法がディクテーションです。

実はぼくは元々リスニングが大の苦手で、大学に入るまで、英語がまともに聞き取れませんでした。

英語学習者

意外!谷村くんは「高校レベルの英語ぐらい余裕」とか言ってそうなイメージだけど笑。
むしろ真逆だよ。読むのは得意なのに、聞くのは全然ダメだった。センター試験も、良くて7割くらいしか取れなかったし。

谷村

そこで大学に入り、TOEICでリスニング満点を取れるほどレベルアップできたのは、1番最初にディクテーションに力を入れたおかげ。

「弱点把握」がリスニング上達のスタート地点

ディクテーションをやる目的は「どの音が聞き取れて、どの音が聞き取れないか」を明確にすること。

阪大院生の猫

なるほど。流れてくる英文と自分の回答を照らし合わせれば、弱点が一目瞭然になるもんね。
そう。ディクテーションで自分の弱点を把握するのが、リスニング上達のスタート地点だよ。

谷村

やり方はシンプルで、音声と紙を用意し、流れてきた英文を、聞こえたとおりに書き写していくだけ。

ただし、音の「つながり」や「脱落」など、英語特有の「音」を知らないうちは、聞き取れない箇所(空欄)だらけになります。

ディクテーションでリスニングを上達させるコツは、わかるまで何度もくり返し聞くこと。回数の目安は5~10回だよ。

谷村

ぼくの経験上、10回聞いてもわからなければ、何回聞いてもわからない英文です。10回を目安に答え合わせに移りましょう。

ディクテーションのやり方
❶音声と紙を用意する。
❷音声を流し、聞こえた通りにメモする。
❸正しく聞こえるまで①→②を繰り返す。

ディクテーションは1日20~30分でも十分効果があるので、出来るだけ毎日続けて下さい。

続ければ続けた分だけ、目に見える形で結果が出るのがディクテーションの良いところです。

10日くらい続けてると、空欄の数が明らかに減っていくから「リスニング上達したぞ」っていう自信に繋がるんだ。

谷村

英語学習者

楽しそう!多分リスニング初心者がやると、空欄の数に絶望しそうだけど笑、ぼくも早速チャレンジしてみるよ。

ディクテーションのおすすめ教材2選

ディクテーションには教材が必要なので、ぼくが使っていたサイト・参考書をシェアします。

谷村

おすすめ教材① リスニングプラザ

ディクテーションを無料で実践するには、上記のサイト「リスニングプラザ」が最強。ぼくも全問解くぐらい愛用しました。

谷村

このサイトには、音声・回答用紙・解説がすべて揃っていて、扱われている英文も1分前後と、ディクテーションに理想的な長さ。

60問が、初級・中級・上級に分かれていて、英文の長さ・複雑さ・スピードが、徐々にレベルアップしていく構成です。

リスニングに自信ある人でも、いざ書き写すとなると苦戦するのがディクテーション。まずは初級レベルから始めて下さい。

谷村

また、穴埋め式の回答用紙も無料でダウンロードできるので、プリントアウトして使いましょう。

阪大院生の猫

いいね!実質かかるコストは、紙とインク代だけじゃん。

原始的なやり方ですが、回答用紙を印刷し、ペンを使って書き込んでいくのがおすすめ。

PC・スマホに書き込む方が速く、コストがかからないのは事実ですが、自動でスペルチェックされるためディクテーションには不向きです。

英語学習者

確かにそうだね。ぼくは紙の方がやる気出るし、早速プリントアウトしてやってみるよ。

おすすめ教材②『究極の英語ディクテーション』

created by Rinker
¥2,052 (2019/09/15 19:29:03時点 Amazon調べ-詳細)
音の連結や脱落などは初心者には難しいもの。詳しい解説を見ながらじっくり理解したい人は、参考書を活用しましょう。

谷村

リスニングを短期間で上達させるコツは、音の変化や脱落を最初に学んでしまうこと。

こういった「英語特有の音」は通常、時間をかけて徐々に習得していくものですが、参考書でサラッとインプットしておくと後がラクです。

その「英語特有の音」を学ぶのに、1番優秀な参考書が『究極のディクテーション』なんだ。

谷村

英文のレベルは、日常会話で使われるような基本単語・フレーズがメインなので、無料サイト「リスニングプラザ」よりも難易度は低め。

ただし読めば簡単でも、聞き取って書き写すとなると手強い英文も扱われているため、リスニング中級者にも挑戦してほしい参考書です。

難易度がやさしい上、解説も充実してるから「究極のディクテーション」→「無料サイト」の順で勉強すると無駄がないよ。

谷村

英語学習者

なるほど。ぼく今金欠だから、とりあえずサイトでやってみて、詳しい解説がほしくなったらこの参考書使うことにするよ。

ステップ② 音読する

ディクテーションをこなして1語1語をしっかりと聴き分けられるようになったら、次は音読にチャレンジしましょう。

英語学習者

え、音読ってリーディングを上達させる勉強法じゃないの?
いや、音読はリーディングだけでなく、むしろリスニングにこそ効果のある勉強法なんだ。

谷村

音読でリスニングが上達する理由

音読でリスニングが上達する理由は2つだよ。

谷村

音読でリスニング力が上がる理由
❶英語の語順で聞き取れるようになる。
❷発音できるスピードが上がる。

音読がリスニングに効果的な理由は、英語を「英語の語順のまま」、つまり「頭から順に」聞き取れるようになるからです。

そもそも日本人が他国の英語学習者に比べてリスニング苦手なのは、英語と日本語の語順が全く違うからなんだ。

谷村

英語学習者

たしかに。英語は「主語→動詞→目的語」だけど、日本語は「主語→目的語→動詞」だから、英語の語順になれてない僕はいつも頭がごっちゃになるもん。

しかし音読を続けていけば自然と、英語を頭から聴く癖がつくため、スピードの速い英文も1度で聞き取れるようになります。

さらに、リスニングを上達させるためには、音読で英語を口に慣らしスピーキング力も上げておくのがコツ。

というのも英語は、口から出せるスピードが速くなれば、それに応じて聞き取れる英文のスピードも上がっていきます。

自分で正しく発音できるってことは、つまり「英語の音」をしっかり理解してる状態だから、聞き取りも自然とラクになるんだ。

谷村

実際ぼくも、英会話で言葉がスラスラ出てくるようになってからは、相手の発言を聞き返すことが皆無になりました。

英語学習者

なるほどね。英会話やってる人にリスニング上手な人が多いのは、そういう理由だったのか。

音読のおすすめ勉強法3ステップ

当然のことですが、音読はなんとなくやるよりも、正しいステップで取り組む方が効果的。

この章では、ぼくが実践し、効果を実感してきた音読の勉強法を、3ステップで紹介します。

谷村

音読の勉強法3ステップ
❶英文を2~3回黙読する。
❷テキスト見ながら音声を3~5回聴く。
❸“Read and Look up” を実践する。

❶ 英文を2~3回黙読する

まずは音声を使わずに、英文を黙読しましょう。目安は2~3回です。

自分のペースでじっくり読めるのはこのステップだけ。英文の内容を、最低でも80%以上理解できるよう読み込んで下さい。

英語学習者

理解できるまで、ゆっくり時間をかけて良いんだね。ちなみに、わからない単語が出てきたらどうするの?
まずは推測してみて、それでもわからなければ調べてOKだよ。知らない単語やフレーズは、なるべくこの「黙読」のステップで解消しておこう。

谷村

❷ テキスト見ながら音声を3~5回聴く

次は音声を聴きながら、英文を口に出していきましょう。目安は3~5回です。

英語学習者

テキストを見ながら聴いても良いの?
もちろん。ここではまだ、英文を「理解する」のに努める段階だから、テキストを見ながら聴いた方が効果が高いよ。

谷村

このステップでは、英語特有の発音・イントネーションを理解すること、新しい単語・フレーズを口に慣らし覚えていくことを忘れずに。

発音・イントネーションに関しては、「自分の発音」と「流れてくる音声」のどこが違うかをチェックしつつ、徐々に「正しい音」に寄せていこう。

谷村

❸ “Read and Look up” を実践する

最後のステップが本番です。”Read and Look up” という練習法で、音声なしの音読にチャレンジしましょう。

谷村

“Look up” は「顔を上げる」という意味で、“Read and Look up” は「読んで顔を上げ暗唱する」音読勉強法のこと。

やり方はシンプルで、1文をサラッと黙読したら、テキストから目を離し暗唱する。これを繰り返すだけです。

最初は1文ずつ暗唱し、慣れてきたら一気に2~3文まとめて暗唱してみましょう。

谷村

暗唱は、英文の構造をしっかり理解してないと出来ないため、難易度の高い勉強法ですが、その分、英文の理解度も段違いに上がります。

文章をまるまる暗記してしまうくらい何度もくり返すのがポイント。目安は20~30回だよ。

谷村

1度英文を覚えてしまえば、同じ単語・フレーズは次から100%聞き取れるようになります。

また暗唱することにより、英語の語順や、音の特徴を隅々まで理解できるため、リスニングの上達が加速します。

英語学習者

30回かあ…でもこれ続けたらリスニングに限らず、英会話でもスラスラ言葉が出てくるようになりそうだし頑張ってみるよ!

おすすめ教材『音読で攻略TOEIC 』

created by Rinker
¥1,728 (2019/09/15 19:29:03時点 Amazon調べ-詳細)
もし音読の教材選びに迷ったら、ぼくが愛用していた『音読で攻略TOEIC』が1番おすすめ。

谷村

80の例文を音読することでTOEICのリスニング・リーディングを同時に対策できる参考書。

TOEICで頻繁に登場する英文を扱っていますが、例文は比較的やさしく、現状のTOEICスコア450〜700点の初・中級者の方が対象です。

つまり音読でリスニング上達させつつ、ビジネス英語を学んでTOEIC高得点を目指したい大学生・社会人にピッタリなんだ。

谷村

英語学習者

音読とTOEIC対策を同時にできるの嬉しいね!ぼくも今年中にTOEIC700点取りたいからチェックしてみるよ。

ステップ③ シャドーイングする

音読が終わったら、次はシャドーイングに進みましょう。

谷村

効果は音読と同じですが、「聞く」と「喋る」を同時に行うため、音読よりもさらに効率よくリスニングを鍛えられる勉強法です。

シャドーイングはいわば音読の強化版。もちろん難易度が上がるので、リスニング初心者の方は、音読に慣れてから挑戦して下さい。

元々は同時通訳者のトレーニング法だからね。慣れるまでは難しいけど、リスニングにもスピーキングにも効果大だよ。

谷村

阪大院生の猫

たしかに音読だと、聴いてから喋るまで時間が空いちゃうから、同時にやるシャドーイングの方が効果高いのはわかるなあ。

シャドーイングの正しいやり方4ステップ

英語学習者

シャドーイングって、名前自体はよく聞くんだけど、具体的にはどうやってやればいいの?
前述のとおり、シャドーイングは同時通訳者の勉強法だから「正しい実践方法」が存在するんだ。4ステップで解説するね。

谷村

シャドーイングのやり方4ステップ
❶音声なしでテキストを読む
❷テキストを見ながら音声を聞き込む
❸テキストを見ながらシャドーイング
❹テキストを見ずにシャドーイング

❶ 音声なしでテキストを読む

まず最初は音読のときと同じく、音声を流さずに黙読でテキストを読み込みましょう。

リスニングを上達させるためには、しっかり理解している英文をシャドーイングする方が効果的なので、最低3回は読んで下さい。

ちなみに音読で使ったのと同じ英文を使う場合、改めて黙読からスタートする必要はないよ。