【英単語の覚え方】単語暗記のコツ5選|1ヶ月で2,000語覚える方法

英語学習者

英単語が覚えられない…何か効率的な方法を教えてほしい。

英単語の暗記は地道な作業ですが、コツさえつかめば誰でも簡単にこなせます。

そこで今回は、単語の暗記を効率的に行うためのコツを5つシェアします。

【こんな方に読んでほしい】
▶︎英単語がなかなか覚えられない
▶︎暗記が苦手
▶︎これから英語の勉強を始めたい

ぼく理系だから、暗記がめちゃくちゃ苦手なんだよね。こういう記事ありがたいなあ。

1. 単語暗記はコツさえつかめば簡単【当記事の信頼性】

単語の暗記が苦手な人には「記憶力が…」とこぼす人が多いです。

でも断言しますが、単語を覚えられないのは「記憶力」の問題ではなく「やり方」の問題

たしかに暗記が得意な人でも、興味ないことは速攻で忘れたりするもんね笑。
というかそもそも「瞬間記憶能力」でもない限り、記憶力なんてみんな同じだよ。

谷村

ちなみにぼくは、暗記作業がめちゃくちゃ得意です。

谷村

高校生のころ世界史の授業を一切受けずに、独学で全国模試1位をとったこともあります。

センター試験本番は、英語・日本史・世界史など「暗記が必要な科目」はすべて満点でした。

ただしそれは「記憶力」があるからではありません。単に「やり方」を工夫しただけ。

谷村

今日は、そんなぼくが実践している「暗記のコツ」を5つシェアします。

2. 英語学習に必要な単語量は2,000語

英語学習者

そもそも英単語って、何個ぐらい覚えたらいいの?
英会話に必要な単語量は2,000語と言われているよ。

谷村

ただし友人との日常会話を目標とするのであれば、1,000語あればなんとかなります。

ビジネスなどフォーマルな場面も想定しても、2,000語あれば十分。

2,000語というと、基礎レベルの単語帳1冊ぐらいです。

谷村

そう聞くとけっこうハードル低いね!

一方で、リーディングに本気で取り組みたい場合、目安は4,000~5,000語ぐらい。

ちなみに英検準1級や難関大学の受験生は、6,000語以上が必要となります。

ぼくも受験生の頃にちょうど7,000語ぐらい覚えました。

谷村

ただし5,000語覚えても、洋書や新聞を開けばわからない単語はゴロゴロ出てきます。

谷村

洋書や新聞をネイティブと同じ感覚で読めるようになるには、さらに1万語以上が必要。

つまり、目標をどこに置くか次第で、必要な単語量はそれぞれ全く違います。

ぼくは洋書を趣味にしたいから、1万語に挑戦してみよかな。

英語学習者

ぼくは英会話ができればいいから、とりあえず2,000語で!

【英語学習者に必要な単語量】
・スピーキング, リスニング:2,000語
・リーディング:4,000語
・難関大学, 英検準1級:6,000語
・洋書:10,000語

【関連記事①】おすすめ英単語帳10選

おすすめ単語帳は下の記事にまとめています。

受験生向けの単語帳がメインですが、基礎レベルの2,000語をマスターするために欠かせないものばかりです。

まだ単語帳を決めてない人は、こちらの記事を読んで下さい。

谷村

【2021年版】大学受験おすすめ英単語帳10選【英語偏差値80の難関大卒が厳選】
10冊すべての特徴を解説しているので「自分にあった単語帳選び」に役立つはずです。

谷村

3.【英単語の覚え方】単語暗記のコツ5選

まず最初に言っておくと、英単語の暗記に1番大事なのは「繰り返す」こと。

なぜなら、人の脳はそもそも「暗記」という作業が苦手だからです。

下のグラフ見てください。ドイツの研究者エビングハウスが作成した「忘却曲線」です。

谷村

この研究により証明されているのは「人間の脳は忘れるように出来ている」ということ。

人は1時間で56%を忘れ、1週間経てば約80%を忘れてしまうようです。人間の記憶力は全くあてになりませんね。

たしかに、テスト前日に一夜漬けして覚えた内容って、だいたい2,3日で忘れるよね笑。

であればやるべきことは1つだけ。学習を「繰り返す」ことです。

今日はその「繰り返し」を効率化する方法をシェアします。

谷村

英単語の覚え方① 覚えた箇所からチェック入れてく

まず1つ目は「覚えた箇所からチェック入れていく」英単語を覚えるときの鉄則です。

ほとんどの単語帳は左端に「チェックボックス」が付いているので、これを活用します。

目的は、1周ごとに負担を軽減していくため。単語帳を下記のイメージで進めます。

谷村

【1周目終了時】100 / 2,000語(済)
【2周目終了時】300 / 2,000語(済)
【3周目終了時】700 / 2,000語(済)
【4周目終了時】1,000 / 2,000語(済)

できた箇所にチェック入れながら、1周2周と回数を重ねて下さい。

そうすると1周ごとに「覚えるべき箇所」が減っていくので、徐々にスピードが上がっていきます。

初めて触れる単語帳でも、このやり方で5~8周ほど繰り返せばすべて暗記できます。

谷村

1周ごとに負担が減っていくので楽ですし、達成感を感じながら進められるのもポイントですね。

英単語の覚え方②「ながら勉強」を取り入れる

2つ目のコツは音楽や動画など、自分の趣味と単語暗記を同時に行うこと。

単語帳を何周も繰り返すストレスを軽減するために「ながら勉強」は最強の手段です。

趣味とあわせて行えば、単語暗記が苦じゃなくなるので。

谷村

「音楽を聴きながらやると集中できない」という人がいますが、そもそも英単語の暗記は集中しなくていいです。

集中してやろうが集中せずにやろうが、結局は繰り返さない限り忘れてしまうので。

であれば、いかに「集中できるか」よりも、いかに「継続できるか」を考えるべきですよね。

谷村

「ながら勉強」の目的をひとことで言えば、単語暗記を「勉強」ではなく「趣味」に近づけること。

例えば僕は「単語帳を開いている間だけ動画を見てもok」というルールを決めていました。

谷村

まさに、ほかの勉強の合間に、休憩時間として単語帳をやる感覚。

ぼくはこのやり方のおかげで、誇張抜きで単語暗記は何時間でも継続できました。

単語開いてないときは動画見れないんだもんね。このやり方めっちゃいいじゃん笑。

英単語の覚え方③ 単語帳はシンプルなものを選ぶ

3つ目のコツとして、単語帳はなるべくシンプルなものを選びましょう。

どのページを開いても、レイアウトが全く同じになるものがベスト。

例えば、下の2つを比べてみて下さい。1つ目が『ターゲット』2つ目が『DUO3.0』です。

谷村

英語学習者

たしかに『ターゲット』の方が見やすいね。でもなんでそれが良いの?

理由は2つです。

ながら勉強を効率化するため。
❷1単語にかける時間を最小限にするため。

「ながら勉強が、単語を繰り返し学習するコツ」というのは先ほど話した通りです。

谷村

そして、ながら勉強を行う上で大切なのは「考える時間」を極限までカットすること。

レイアウトがバラバラだと「どこに何が書いてるか」を毎ページ考える必要があるので、脳に少しずつ負荷がかかっていきます。

あえて単語帳に集中しないのが「ながら勉強」だから、極力なにも考えたくないよね笑。
それにあくまで単語帳は「休憩」としてやるもの。であれば1ミリも頭を使わず取り組もう。

谷村

また次の章で話しますが、1単語にかけるべき時間は1秒。レイアウトがバラバラだと1単語1秒はかなりキツイです。

「繰り返し学習」を効率化するために、ぜひレイアウトがシンプルな単語帳を選んで下さい。

僕は単語帳を数10冊持ってますが、やはり1番シンプルな単語帳は『ターゲット1900』です。

谷村

英単語の覚え方④ 1単語にかける時間は1秒

効率的に単語を覚えるためには「1周に時間をかけすぎない」が鉄則。

英単語は何周も繰り返してやっと覚えられるものなので、1周に時間をかけすぎるのはあまり賢くないです。

なので目安として、1単語にかける時間は1秒です。

谷村

英語学習者

え、1秒!それで足りるの?

もちろん普通のやり方ではほぼ不可能です。

単語帳の見開き1ページを10秒ほどで進めることになるので、確認するのは「日本語訳が合ってるか」だけ。

以下の2つは思い切って捨てましょう。

谷村

【捨てるべきこと】
❶例文や解説を丁寧に読む
❷全ての意味を覚える。

この2つについては、4章の「NGな覚え方」でまとめて紹介しますね。

谷村

英単語の覚え方⑤ 1週間で1周する

最後のコツは、単語帳を1週間で1周すること。

2,000語収録されている単語帳なら、1日300語を毎日やるだけです。

1単語1秒でやれば、5分で終わる計算です。実際はもう少しかかりますが笑。

谷村

まず復習の間隔を空けすぎると忘れやすくなるので、1週間以上はかけない方が良いです。

そしてなにより、長期間かけて取り組むほどモチベーションの維持が困難になるので。

ちなみに先ほどの忘却曲線でも示した通り、人は1週間で8割を忘れてしまいます。

谷村

なのでもしかしたら2周目、3周目は自分の記憶力に絶望するかもしれません。

でも大事なのは繰り返し。短期間で5~8周続けるだけで、2,000語覚えるなんて誰でも可能です。

最初は1周1週間かかるけど、覚えるべき箇所が徐々に減ってくから1ヶ月で8周は十分可能。

谷村

英語学習者

単語帳が1ヶ月で終わるのか!ちょっと頑張ってみよかな。

4.【英単語の覚え方】NGな暗記方法5選

ここで単語の覚え方として、おすすめできないやり方を5つ紹介します。

単語学習にかける時間を節約するため、ぜひ参考にして下さい。

どれもぼく自身が実践して「意味なかったな..」と感じたものです。

谷村

英語学習者

時間は有限だもんね。失敗談を聞けるのもありがたいかな。

NGな覚え方① 例文や解説を丁寧に読む

単語帳はスピーディに、目標としては1単語1秒で回していくのがベスト。

なので例文や解説などは、本当に気になる単語以外は飛ばしていきましょう。

というのもぼく自身、もともと解説と例文はすべて超丁寧に読んでました。

谷村

しかし丁寧に読み込んでも結局次の週には忘れているので、かなり時間をムダにしてました。

単語の理解度を高めるためには、1周に時間をかけるより何週も繰り返す方が得策。

なにより4,5,6周と周回数を重ねれば、何度も復習できるので記憶に残りやすくなります。

ちなみに、例文は「この単語どうやって使うの?」と疑問に思ったときだけ読めばokです。

谷村

毎単語なんとなく読むよりも、気になったときに読む方が吸収率も高まるので。

NGな覚え方② 全ての意味を覚える

また、単語の意味を全て覚えるのもおすすめできません。

単語帳は1番重要な意味が赤字で書かれているので、最初はその1つだけ覚えておけばokです。

『ターゲット』だとこんな感じ

谷村

たとえ複数の意味が載っていても、基本的な意味は変わりませんよね。

・improve「を向上させる;よくなる」
・consider「をみなす;と考える」
・involve「を関与させる;を伴う」

こんな感じで赤字の意味が理解できていれば、他の意味もなんとなくイメージがつくはず。

それに赤字以外の意味は、長文読解やリスニングで慣れた方が早いです。

谷村

英語学習者

なるほどね!そのやり方なら1単語1秒も無理じゃないかも。

NGな覚え方③ ノートに書いて暗記する

ノートに書いて覚えるのは言語道断。このやり方が1番時間のムダです。

谷村

忘却曲線」で示されている通り、人間の脳はもともと忘れるようにできているんです。

たとえ時間をかけて覚えたって、時間をかけずに覚えたって同じこと。

ならば時間のかかるやり方は極力さけるべきですよね。

谷村

単語帳は目で覚えるだけで十分です。1つ1つ書いて覚えてたら、時間を無限に浪費します。

NGな覚え方④ 1日10単語だけ

書店に行くと「1日1フレーズで」とか「1日たった10単語で」みたいな書籍が並んでます。

単語暗記は基本的にキツイので、甘い言葉にそそのかされるのもわからなくはないですが…

「一度見たら一生忘れない能力」でもない限り、このやり方で単語を覚えるのは不可能です。

谷村

英単語帳での暗記は「何周できるか」にかかっているので、1日10単語だと時間がいくらあっても足りません。

たとえば2,000語が収録されている単語帳を、1周する場合だと下記のイメージ。

1日10単語→200日で1周
1日300単語→7日で1周

前述の通り、1冊の単語を仕上げるのには5~8周かかるので…

谷村

1日10単語しかやらなかったら、1冊仕上げるのに3年~5年かかります。

一方で1日300語なら1~2ヶ月で終わります。

1日の負担」を減らせば減らすほど、長い目で見たときの負担が大きくなります。

谷村

つまり楽したいのであれば、1日に触れる単語量を減らすのではなく、むしろ増やすべきです。

NGな覚え方⑤ 収録単語を全て覚えようとする

収録されている単語を、全て覚える必要は一切ありません。

谷村

目安として、1冊の単語帳を8割まで覚えたら次に進んでokです。

なぜなら次のレベルの単語帳に進めば、取りこぼした残りの2割はまた学べるからです。

何周しても覚えられないのって、だいたいが難しい単語

谷村

たしかに。難しい単語って、単語帳のレベルが上がってもまた出てくるもんね。

80%以上チェックがついたら、もうその単語帳は「マスターした」と判断して大丈夫。

基礎レベルの単語帳を8割覚えたら、思い切って次のレベルに進みましょう。

英語学習者

そう言われると気が楽かも。とりあえず8割目指してやってみるよ。

ちなみに応用レベルの単語を学びたい方には『キクタン〈Advanced〉』が1番おすすめです。

谷村

5. まとめ:「単語暗記」は結果がすべて

最後に「勉強は頑張ってやるものだ」という思い込みは捨てた方が良いです。

単語暗記はそもそもがダルいものなので、頑張ってやったところで長続きしません

それに頑張って覚えようが、楽して覚えようが、結局大事なのは「覚えた単語数」だけです。

谷村

僕はかなりの面倒臭がりなので退屈な作業はできませんし、まわりの人と同じ時間机に向かうことさえ困難でした。

なので「人より楽できる方法」つまり “効率化” ばかり考えていた結果、本来1番面倒なはずの暗記が得意になりました。

今日紹介したのは、ぼくみたいな面倒臭がり方にもおすすめできる暗記方法。1つでも実践して下されば嬉しいです。

谷村

英語学習者

ありがとう!このやり方なら続けられそう。ぼくも頑張らずに継続してみるよ。

単語を終えたあとは精読練習によって、インプットした単語や文法の使い方を学んで下さい。

精読練習に立つ記事を2つ貼っておきます。

どちらも当ブログの人気記事です。

谷村

【関連記事②】リーディングの3ステップ

英語のリーディングを鍛えるためには、以下の流れで学習するのが最も効率的。

❶「単語・文法」英語の基礎を暗記。
❷「精読」読解の “質” を高める
❸「多読」”量” をこなしアウトプット。

こちらの記事で「単語を覚えたあと何をすべきか」を解説しているので、参考にして下さい。

リーディング学習のロードマップとしても役立つはずです。

谷村

【暗記→精読→多読】初心者が英語リーディングを極める3ステップ

【関連記事③】英文解釈のおすすめ参考書4選

前述の通り、リーディング上達のプロセスは「①暗記」→「②精読」→「③多読」の3ステップ。

②の精読力をつけるため、こちらの記事で紹介する英文解釈の参考書をこなして下さい。

『精読』=『英文解釈』単語や文法の「使い方」を学ぶために必須のトレーニングです。

谷村

難関大合格者が選ぶ!英文解釈のおすすめ参考書4選【難易度順】


最後まで読んで下さりありがとうございました!

谷村

Thanks for reading our blog!

当ブログの人気記事ランキングを作りました。

Twitterで100いいね以上獲得した英語学習記事だけを集めたので、ぜひチェックして下さい。

【谷村ブログ村】人気記事ランキングTOP20【英語学習記事のみ】

4 Comments

mihoco

こんにちは。私はアラフィフの社会人です。そもそもで恐縮ですが、谷村さんの単語を覚えるというのは、英語の意味が1秒以内で思い浮かぶようになるということでしょうか?それともスペルを正しく書けるようになる、もしくは日本語から英語が思い浮かぶことでしょうか。
また書く練習は不要ということですが、何回も読み込んでいく中で正しくスペルが書けるようになるものでしょうか。どうぞよろしくお願いいたします。

返信する
谷村くん

日本語を見て瞬時に英語を思い浮かべられる状態のことです!
スペルに関しては、何度も見ていれば自然と覚えられると思います。例えば一つの単語が形容詞や動詞、名詞などに派生するように、英語学習をしていると似た単語を何度も目にすることになるので、スペルは書かなくても覚えられるというのが僕の考えです。
あとそもそもですが、スペルを覚えておく必要があるのはライティングの時だと思いますが、ライティングは四技能の中でも圧倒的に難易度が高く、本来は一番最後に学習するものです。なので初級レベルの単語を覚えていく段階でスペルを覚えるのは効率がよくないと思います!

返信する
山田

1日300語、というのは「300語を1日の内に何周もする」ということでしょうか?
それとも「1日300語やったら、その日はもうやらなくていい」ということでしょうか?

返信する
谷村くん

後者の方です!1日でどれだけ詰め込もうとも翌日には7割を忘れてしまうので、ササッと300後終わらせて、次の日にまたもう一周とした方が覚えられると思います!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です