ブログ初心者が最短でアクセスを増やす7つの方法【3ヶ月で5万PV】

駆出しブロガー

ブログ始めたけど全然アクセス伸びない…何か対策したいなあ

「ブログ始めて3ヶ月はPVほぼゼロで当然」
よく聞く話ですが、これは嘘です。

僕はブログ開設3ヶ月で5万PVを達成しました。

そのために実践したことを、当記事ですべて公開します。

谷村

【こんな方に読んでほしい】
・ブログ始めたがアクセスが伸びない
5万PVを稼ぐ方法が知りたい
・SNS経由のブログ流入を増やしたい

今日シェアする8つの方法は、誰でも再現可能な内容です。

谷村

当ブログの月間PV 【当記事の信頼性】

当ブログでは、信頼性を担保するためデータを公開しています。

2月時点で1万3,000PVだったのが、3月27日現在で月間7万5,000PVまで増加中。

PVを1ヶ月で約7倍に伸ばしたので、即効性はお任せ下さい。

谷村

ちなみに当ブログの読者流入は、約3分の2がTwitterから。

当記事の前半で「PVの取れる記事の作り方」を
後半は「Twitter流入を増やす方法」を解説しています。

SNS攻略」こそが、初期ブロガーの生きる道です。

谷村

どんなに良い記事を書いても、Googleから評価されるまで最低3ヶ月はかかります。

つまりSNS拡散が下手だと、記事を上げてから3ヶ月間は誰にも読まれません

でも今日紹介する8つの方法を使えば、ブログ解説初期でもアクセスを増やすことが可能。

谷村

まずは8つを順番にこなしてみて下さい。

アクセスアップ① キーワード選定

ブログの書き始めは、まず1にも2にも「キーワード選定」から。

キーワードを決めずに、なんとなく書き始めるのは絶対にNGです。

「キーワード」というとSEO対策かと思われるかもしれませんが、SNS拡散でも超大事です。

谷村

なんとなく「書きたい」と思いついた記事を、そのまま文章に起こしてもまず読まれません。

なぜなら読者のニーズに沿っていないから。

自分が書きたい記事(=読まれない記事)

読者のニーズに沿った記事(=読まれる記事

「読者ニーズに沿った記事」を書くためには、キーワード選定をするのが一番の近道。

キーワードは読者が知りたい情報そのものなので、これを使わないのは損です。

僕も最初は無視してましたが、結局PVが伸び始めたのはキーワード意識し始めてから。

谷村

またキーワードを整理してから書くと、網羅性の高い記事になります。

網羅性の高い記事は「お得感」が出るので、Twitterで拡散されやすくなります。

実際僕が3月にTwitter投稿した記事で、200いいねを超えたのはどれも網羅性の高い記事。

谷村

ではここから、具体的にキーワード選定に使う「ツール」と「選定方法」を解説します。

1-1. 無料ツール① 関連キーワード取得ツール

「関連キーワード取得ツール」ブロガー御用達の一番オーソドックスな無料ツール。

使い方は、検索ボックスに自分が書きたいキーワードを打ち込むだけ。

画像は「英語 音読」のキーワードで検索した場合。

谷村

特に左上のボックスに入っているキーワードが要チェックです。

ここが最も検索されるワード。

谷村

このツールでおすすめされるキーワードに沿って記事を書けば、まずニーズは外しません

1-2. 無料ツール② Ubersuggest

もう1つが「Ubersuggest」神ツールです。

これもワードを打ち込んで検索するだけの、超シンプルな無料ツール。

僕が使っているのもこれです。

谷村

「関連キーワード取得ツール」と違うのは、検索ボリュームが表示されること。

そのワードが月に何回検索されているのかがわかります。

谷村

キーワード選定はこれ1つでok。まずは「Ubersuggest」を使ってみましょう。

1-3. キーワード選定して記事作成する方法

では具体的にキーワードを選定して、読まれる記事構成を作る方法をシェアします。

特に「網羅性の高い記事」を書きたい方は参考にして下さい。

Twitterで300いいねを超えた「シャドーイングの記事」を作ったプロセスをもとに解説します。

谷村

❶Ubersuggestでキーワード検索

まずUbersuggestにて「英語 シャドーイング」と検索します。

❷記事タイトルを決める

次に、記事タイトルを決めます。

今回は一番上の「英語 シャドーイング」をそのままタイトルに含めればok。

京大猫

え、超シンプル笑。

なぜこれでokかというと、月間ボリューム1,000とかなりニーズがあることがわかったからです。

ボリュームの大きいキーワード」

「ニーズのあるキーワード」

もうこの時点で既にニーズを掴んだので、SNS経由で読まれやすい記事になっています。

谷村

一方で書きたいと思ったキーワードで検索すると、検索ボリュームが50とかもザラにあります。

京大猫

たったの50…かなり少ないね笑。

「ボリューム少ない」=「ダメなキーワード」というわけではありません。

しかしニーズがかなりニッチなので、SNS流入を狙うなら避けたほうが無難です。

そもそも別の記事にするか、キーワードを別の表現に言い換えて試してみましょう。

谷村

❸キーワードに沿って目次を作る

タイトルが決まったら、網羅性を意識して目次を作ります。

サジェストされたキーワードを洗い出しましょう。

シャドーイングに関連して、書けそうなのは以下のキーワード

谷村

・教材
・コツ
・効果
・やり方
・おすすめ
・無料
・YouTube

おすすめされた上記のキーワードに沿って、目次を作っていきます。

「読者の知りたいこと=キーワード」なので、これをそのまま目次に盛り込むのがコツ。

京大猫

なんだかめっちゃ簡単な気がしてきた!

↓完成した目次がこちら。

「シャドーイング」について知りたい人の、ニーズを全て拾い上げた記事が完成しました。

おすすめされたキーワードが満遍なく入っていますね。

「キーワードを網羅している記事」=「読者のニーズを網羅している記事」です。

谷村

「シャドーイング 教材」や「シャドーイング おすすめ」で検索した人もこの記事にたどり着けるような構成なので、SEO的にもgoodです。


シャドーイング記事の完成品はこちら。

シャドーイングの効果・やり方を徹底解説!【英語学習のチート技】

1-4. キーワード整理の裏ワザは「競合サイトの分析」

駆出しブロガー

簡単そうだけど…もっと楽できる方法はないの?

あります笑。網羅性の高い記事を一発で書くためのコツは「競合サイトの参照」です。

自分が書きたいキーワードでgoogle検索し、上位に出てくるサイトの構成を真似しましょう。

上位5~10記事ぐらいをチェックしておけばokかと。

谷村

「Googleから評価されている=網羅性が高い」記事です。

谷村

ただし参考にするのは構成(目次)だけ。内容まで真似するとただのパクリ記事になります。

オリジナリティの無いパクリ記事は、Googleからの評価も下がるのでNGです。

「キーワード選定」→「目次作成」で、すでに記事は3割完成しています。

谷村

アクセスアップ②「読まれる」記事を書く

書くべきキーワードを決めたら、いよいよ記事執筆に取り掛かりましょう。

ここで意識すべきは、自分のエゴを捨て徹底的に読者に奉仕すること。

一言でいえば「書きたい記事」ではなく「読まれる記事」を書きましょう。

谷村

2019年のSEOは「コンテンツisキング」と言われています。

どれだけ小手先のテクニックを使おうが、記事がショボければ読者からもGoogleからも評価されません

逆に言えば、ちゃんと中身のある記事を書けばしっかり評価されるということ。

谷村

京大猫

そっちの方が読者としてもありがたいよね。

読まれる記事」を書くために、以下の8点を意識して下さい。

【「読まれる記事」を書くコツ】
❶見出し直下に画像
❷結論ファースト
❸話し言葉で統一
❹5000字以上
❺1文ごとに改行
❻1文40字以内
❼不要な言葉は削除
❽自分の書きたい事は2の次


上記8つのコツはこちらの記事にて、丁寧に解説しています。

【ブログの書き方】読まれる記事を書く8つのコツ【3ヶ月で5万PV】

当記事と合わせて読んでいただければ、短期間で1万PVも見えてくるかと。

谷村

アクセスアップ③ 内部リンクの拡充

PVを増やす策として必須なのが「内部リンク」の拡充です。

記事内に内部リンクを貼るメリットは以下の2つ。

❶PVが増える
❷読者のブログ滞在時間が伸びる

実際の僕のデータをもとに解説します。

谷村

赤矢印(2月の終わり)を見て下さい。ここからPVが一気に伸び始めています。

何をしたかというと、2月下旬から1記事あたり内部リンクを4つ貼り始めました。

ポイントは「訪問者」はあまり増えていないのに「PV」は大きく伸びていること。

谷村

2月末に「訪問者:PV=1:2」だったのが、以降「1:4」まで増えました。

その結果2月から3月にかけて、訪問者は2.5倍なのにPVは7倍になっています。

京大猫

訪問者が少なくてもPV稼げるってことか!内部リンク強し…

内部リンクを適切に配置すると、読者が次の行動を起こしやすくなります。

その結果PV滞在時間が自然と増えていく仕組み。

ここから、内部リンクを効果的に配置する方法を解説します。

谷村

内部リンク貼り方① 関連性の高い記事

内部リンクを最も自然に配置できる方法は「関連性の高い記事」を書きまくること。

当ブログでは内部リンクを繋げられるよう、3月は英語記事だけを投稿していました。

3月は完全に英語特化ブログとして運用しました。

谷村

【3月に投稿orリライトした記事】

・『13の理由』おすすめする3の理由
・英語リーディング練習6つのコツ
・おすすめ英単語帳10選
・シャドーイングの効果・やり方を解説
・英語長文の読み方・解き方のコツ7選
・映画『ターミナル』のおすすめ理由
・音読のやり方・効果・コツ
・シャドーイングのおすすめ教材10選
・Netflix英語学習法
・洋書多読にKindleが必須な5の理由
・海外ドラマで英語学習する理由
・独学で発音習得する8つのコツ

京大猫

見事に英語記事だけだね笑。

それぞれの記事に関連性があるので、1記事あたり4~6本内部リンクを貼るのも難しくありません。

↑画像のように、内部リンクを駆使して別の記事に誘導することでPVを上げていきましょう。

全てを1記事で解説しようとせず、「詳しくはコチラをどうぞ」と関連する記事に飛んでもらうのがコツです。

谷村

内部リンクを貼りやすい記事投稿例

毎日記事投稿するなら、下記のように関連例の高いテーマで書くのがおすすめ。

内部リンクを貼りやすく、PVが伸びやすい記事投稿例です。

【内部リンク貼りやすい例】
3/1「英語」×「リーディング」
3/2「英語」×「シャドーイング」
3/3「英語」×「音読」
3/4「英語」×「参考書」
3/5「TOEIC」×「リスニング」

一方で下の例は、個々の関連性が低い記事を量産した場合。

こちらは内部リンクがほとんど貼れないのでキツいです。

【内部リンク貼りづらい例】
3/1「英語」×「リーディング」
3/2「車」×「メンテナンス」
3/3「セブ島」×「ラーメン」
3/4「飛行機」×「格安」
3/5「PC」×「おすすめ」

「内部リンク」という観点では雑記ブログは少し弱いかと。

谷村

内部リンク貼り方② ロングテール記事

ロングテールの記事を量産するのも、内部リンクを適切に貼るコツ。

ロングテールとは「検索数が少ないキーワード」のこと。

例えば「英語」×「音読」というキーワードなら、以下がロングテールになります。

谷村

「英語」×「音読」×「やり方」
「英語」×「音読」×「コツ」
「英語」×「音読」×「リスニング」
「英語」×「音読」×「効果」
「英語」×「音読」×「教材」

具体的なやり方は以下の2ステップ。

①「英語」×「音読」などの大きなキーワードで記事を書く。


②それに対しロングテール記事を書き、内部リンクを①の記事へ集める。

もちろん①と②は順番が逆でもokです。

というか実は②→①の順が王道。ただSNS受けがいいのは圧倒的に①の記事です。

SNSでアクセスを集めるために、僕は①を先に書いてます。

谷村

京大猫

いきなり大きなキーワードで書くのは難しそう…僕は②→①派かな笑。

ロングテールSEOについては、SEOコンサルのクニトミさんの記事を参考にして下さい。

内部リンク貼り方③ まとめ記事

内部リンクを手っ取り早く配置する方法は「まとめ記事」の作成です。

「まとめ記事」は汎用性が高く、どの記事にも貼れるので作っておくと後が楽です。

当ブログでは、ランキング形式でまとめ記事を作成しています

谷村

【谷村ブログ村】人気記事ランキングTOP20【英語学習記事のみ】

まとめ記事はブログの「ハブ」的役割。この記事を経由しまた別記事へ移動してもらえます。

読者がブログ内で循環してくれるので、PVの伸びが加速します。

ただ当然ですが、記事数が少ないと「まとめ記事」の価値は薄いです。